爪でわかる健康診断!アナタの爪は縦線?白い?どのタイプ!?

あなたの爪はきれいな薄ピンク色をしていますか?

爪自体も健康であなたの体も健康であればきれいな薄ピンク色をしているはずです。もし薄ピンク色ではなかったら、それは病気のサインかもしれませんよ。

今回は爪の状態でわかる健康診断をご紹介します。

 

爪でわかる健康診断

縦線が多い爪

色は正常だけど、爪に縦線がたくさん入っているのが気になるという人は多いかもしれませんね。

爪表面の縦筋は病気ではありませんからご安心を。単なる老化です(笑)

年齢とともに胃腸の栄養吸収力が衰えてきたことと乾燥によるものです。気になるようであれば、爪磨きと保湿をしてみてください。

 

横線が多い爪

それに対し爪表面の横筋は、貧血や糖尿、亜鉛欠乏症、精神的ストレスなどの原因が考えられますから要注意です。

 

爪の根元の半月

爪の根元にある白い三日月、いわゆる爪の半月があると健康で、ないと不健康、という説を聞いたことはありませんか?

それで自分の爪には半月がないから不健康なんだと思っていたあなたもご安心を。

爪半月は、できたてホヤホヤの爪で水分を多く含んでいるため柔らかく、伸びるにつれ水分が抜けて色も変わり固い爪になるのですが、その大きさは生まれつきのもので、新陳代謝の良し悪しに関係があります。

 

つまり成長の速い爪ほど半月が大きく、成長の遅い爪は半月がほとんどなかったりします。親指には半月がしっかりあるのに小指には全然ない、なんてことは自然のことなのです。

ただし、あったはずの半月が急に無くなったときは貧血が疑われますし、爪の1/3以上が半月になった場合は高血圧が疑われますから注意が必要です。

 

爪の色

つづいて、爪の色の異常をみてみましょう。

 

白い爪

手足の爪全部が白い→貧血や、肝硬変などの肝臓の病気

手足の爪が根元半分だけ白い→腎臓の病気

手足の爪の一部が白く濁っている→爪水虫

などの病気の可能性があるようです。

 

赤い爪

手足の爪が赤い→心臓の病気、糖尿病、動脈硬化

などの可能性があります。

 

黒い爪

手足全部の爪に黒い線→アジソン病

爪に黒い線や点ができ爪が伸びるとともに変化→悪性黒色腫

 

などの病気の可能性があります。

 

黄色い爪

剥がれかかった爪が黄色く濁っている場合→カンジダ菌

に感染している可能性があります。

爪をぶつけたり爪の上に物を落としたりした場合も黄色くなりますので、その覚えが全くなければですが。

 

爪だけでなく手指も黄色くなっている場合は、みかん、ニンジン、カボチャなどの過剰摂取によるカロチン血症かもしれません。

爪水虫によって黄色くなることもあります。

 

まとめ

いかがでしたか?手足の爪という見やすい個所に重大な病気のサインが現れているかもしれないのですから、たとえば週に一度爪切りをしながら、爪に異常が現れていないかチェックしたいものですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。


*